歯科矯正において抜歯をするメリットとは

歯を移動させて並べるスペースを確保するときに比べて、早く確実に治療が進められます。

歯科矯正における抜歯と非抜歯を比較

非抜歯は元に戻ってしまうリスクがある

非抜歯で治療する場合は、すでにある歯を移動させて並べますが、移動させるにも限度があります。重ねてうまく移動できたとしても元に戻ってしまう可能性があります。元の歯並び次第では非抜歯で治療が難しいこともあるのできちんとカウンセリングを受ける必要があります。

極力非抜歯で治療を進めるケースが多い

歯を抜いてしまうと、当然健康な歯の本数を減らしてしまうことになります。将来的にインプラント治療などが必要になったとき、支えるだけの強度がないとなればその治療は選択することができません。未来への選択肢を残しておくために抜歯治療は可能な限り避けます。

どうして歯を抜く必要があるのか

歯科矯正

悪い歯並びを解消して、人との会話やストレスの無い食事を楽しみたいという人もいるのではないでしょうか。そんな時には歯の矯正という先手櫛がありますが、治療のタイプの中に抜歯を伴うものがあります。その抜歯の理由で一番多いのが、歯を移動させるスペースを作るためにやむなく抜くというパターンです。日本人の歯並びの不整合は、欧米諸国に比べ顎が未発達で小さい事が原因で起こる事が多い傾向にあります。狭いスペースに必要な歯を強引に並べているという状況を解消し、歯並びの矯正をスムーズに行うために抜歯が必要なケースが良く見られます。

それ以外にも理由は人それぞれ

治療

次に考えられる理由の一つに、矯正治療後に口元が不自然に盛り上がってしまう事を防ぐという理由があります。これはいわゆる出っ歯の矯正治療を行う際に多いパターンです。出っ歯や重なっている歯を矯正する際に抜歯をせずに矯正をすると、口元の面積が大きくなり、見た目が悪くなるという症状に陥ります。そのため、抜歯により矯正するための適正なスペースを確保し、他者から見て不自然にならないような口元を形成するのです。その他、一部には非抜歯の治療では治療後に歯の位置が戻ってしまう恐れがある人や、下顎が出ている受け口の人等も抜歯が必須のケースが見受けられます。

医院で宣告されても焦らないように

歯医者

最初の相談の際等にほのめかされていれば良いですが、治療の前段階になって抜歯が必要だと言われ焦ってしまったという人も少なくないようです。矯正の際の抜歯は、その場では麻酔により痛みがそれほどではない場合が多いですが、2~3日後に痛みのピークが来る事がほとんどです。土日休みの人であれば、なるべく木・金曜日に治療を行うようにする、そうではない人は大事な仕事や用事がその期間に無いかを確認しましょう。また、体調が悪いとそうした痛みをより感じやすくなります。治療前には十分な休養を取り、万全の体制で抜歯に臨みましょう。

治療直後の振る舞いも大事

手元

矯正治療における抜歯のダメージ軽減には、直後の振る舞いも大事になります。特に注意したいのが、抜歯した日はなるべくうがいを最小限にするという事です。口の中が気持ち悪いからといってこまめにうがいをしてしまうと、固まった血が流れ、止まらなくなってしまいます。

広告募集中